So-net無料ブログ作成

アキバのおじさん [オーディオその他]

今日は、僕の大好きなオーディオの、 「ちょっとイイ」 お話。お気に召しますやら・・・

 

秋葉原電気街の外れ、万世橋を渡ってすぐ左に入ったところに、Hオーディオという店があります。僕はここの社長であるHさん (以降おじさん) の人柄に惚れ、よく仕事をサボっては入り浸っておりました。最近ご無沙汰しちゃってますが・・・・・・

 

これは、随分前にこのおじさんが話してくれた、昔々の、ステキな出来事。

 

 

昭和40年代、我が国の高度成長真っ只中、国産オーディオも、海外製品に勝るとも劣らない 「銘機」 が続々と生まれてきた頃・・・・・

 

Hオーディオに、とあるメーカーの、オープンリールデッキが入荷しました。2トラック38センチ。業務用でしかなかった憧れの規格も、ようやく民生機に導入されて来た時代です。

 

とはいえ、まだまだ高価です。余程のお金持ちでない限り、買える代物ではありません。大卒の初任給が数万円、なんていう時代です。その時代にン十万円もするんです。

 

ある日、一人の若者がこの店を訪れます。顔色青白く、痩せた、見るからに弱々しい男です。

 

彼は店の外から、ガラス越しにこれをながめます。まるで子供のような表情で、目をキラキラさせて。そして、 「ふぅ」 と大きなため息をつき、帰って行きました。

 

翌日の夕方、彼はまたやって来ました。 昨日と同じように、ガラス越しにながいことながめ、同じようにため息をついて・・・。

 

翌日も、その翌日も。彼はやって来ます。いわゆる、「トランペットが欲しい子供」 状態だったらしいです。

 

何度来たでしょうか。その日は久し振りに雨でした。彼は相変わらず見入ってます。肩に、髪に、雨が・・・・・

 

おじさんはたまらず彼に声をかけました。

 

「そこじゃ濡れちまうだろ。いいから中にへぇりなよ!」

 

「いいの?」

 

 

「いいも悪いもあるかぃ!そこじゃぁ風邪しくぞ!」

 

 

 

 

彼は初めてこの店の中に入りました。

 

 

 

 

「お茶、飲んでいきなヨ ^^」

 

 

 

「あんちゃん、コレ、欲しいのかい?」

「うん。でも、無理だよ。」

「なんで?」

「買えないよぅ。5年くらい働かなくちゃぁ、無理だよ。」

「そうかい。じゃ、待ってやろうか?」

 

 

おじさんはつい口をすべらせてしまいました。

 

 

彼は、満面の、それこそ溶けてしまいそうな笑顔で、

「えっ?本当?ありがとう!じゃ、約束だよ!」

彼はそう言うと、傘も持たないまま、雨の街に走って消えて行きました。

 

この日から、彼はパタリと来なくなりました。

 

「まいったな・・・・・」 

 

 

値札を 「売約品」 に付け替え おじさんはつぶやきます。でも、約束は約束です。5年間の・・・・・

 

しかも、彼の名前も、住所も聞いてなかったんです。

 

 

 

それからが大変です。オーディオは機械ですから、使わないとダメになります。おじさんは毎日、必ずスイッチを入れ、動かします。5年間、保守点検せねばなりません。当然、自然に消耗する部品もあります。ベルトやピンチローラー。これらは使わなくても風化し、ヒビが入ったりします。定期的に交換せねばなりません。でもあの若者は、値札の価格しか知りません。これはおじさんの誤算、というか、うっかり ^^;

 

 

まいったな。でも、約束は約束。 

 

 

そうして1年が過ぎました。

 

 

何しろ高価な品です。そのうえ生産台数も少ないので、これが欲しいお金持ちが次々にお店にやって来ます。

もう1台を取り寄せるのも、小さいお店(当時)ですから、なかなか思うように行きません。

その都度、売約になった経緯を説明し、丁重に断ります。

時には、ヤ○ザまがいのに 「てめ~売らねぇ~ってのかぁ!」 などと脅されたりしたそうです。

 

 

売約なのに、いつになっても売れずに置いてある商品。

 

誰もが不思議だと思います。

 

 

 

 

そうして、2年が経ち、3年が経ちました。

 

 

 

ある日、店の前に派手な高級車が停まりました。

 

 

後部座席から、いかにもそれ風の、派手なスーツを着て、サングラスをした男が降りて、店に入って来ます。

 

 

がっちりした体格で、まっ黒に日焼けして、金のネックレスやら、金時計やらつけて・・・

 

 

やれやれ、またヤ○ザか・・・・・

おじさんはもう、うんざりです。

 

 

その男の後ろには、舎弟というか、子分というか、コワそうなお兄さんが。

 

 

男は店に入り、内ポケットから札束を出し、テーブルに置くと、サングラスをはずします。

 

 

 

 

 

そして、あの3年前と変わらない、同じ笑顔で・・・・・

 

 

 

 

 

 

「おじさん買いに来たよ。待っててくれてありがとう!」 

 

 

 

 

 

 

そして、舎弟に

 

 

 

 

 

「よぉし。オメェラ担げぇ!ぶつけるんじゃぁねぇぞ!」

 

 



 

 

 

彼は約束を守りました。

 

5年の約束を3年に縮めて。

 

 


 

 

 

 

彼はおじさんと約束後、様々な職を転々とし、港湾労働者になり、どういう訳かそこで頭角をあらわし、わずか3年で、胴元(元締)の若頭になった由。

 

僕はこの方に会った事はありませんが、この方はそれ以来このお店の常連で、おじさん曰く、それは上品な紳士だ、という事です。

 

僕はこの店の前を通ると、この話を思い出し、つい入ってしまいます。おじさんはいつも、「おぉ。○○君、いらっしゃい!」 と歓迎してくれ、受話器をとり、何やらダイヤルします。

 

ほどなくして、近所の喫茶店からコーヒーの出前が届きます。

 

 

 

 

 

 

 

「お茶、飲んでいきなヨ ^^」

 

 

 

 

 

唯一心配なのは、このおじさん、ヘビースモーカーだという事。

 

 

おじさん、長生きしてくれ。

 

 

今宵は何も映像が無いので、こんなのを見てください。

 

 

 

 

我が家のアンプ、アキュフェーズ E-302です。

 

 

15年前からウチにいます。その間、ラックスの真空管や、マッキントッシュに浮気しましたが (この話はまた後日) いつもこれに戻っちゃうんです。

 

 

妻よりも付き合いが長いアンプです。


nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 12

Gamaoyabeeeen

約束ってぇのは、交わしたものどうしの双方向の信頼関係がねぇと成り立たねぇ。
ええ話やおまへんか。(こっちは関西弁かい!)
by Gamaoyabeeeen (2006-02-03 00:00) 

まめぞう

>親分!
夜分恐れ入ります!こんな時間にナイス、コメントをいただけるとは(感涙)
あっしと親分の信頼関係は・・・あっ、もう、涙で何にも見えねいやぃっ!てやんでいっ!。(こっちは江戸弁)。
by まめぞう (2006-02-03 00:15) 

horigon

師匠、チョットしんみりしてしまいましたよ。
そして少しだけ、自分のことを思い出しました。
昭和48年、学校に合格して上京、小田急線の千歳船橋に住みました。
ステレオは全て中古で揃えましたが、カセットデッキが無く、秋葉原を
丸一日歩き回って、ソニーのでんすけを一番安い店で買いました。
懐かしい、思い出です。
by horigon (2006-02-03 00:19) 

まめぞう

>horigonさん
あのぅ、まさか、この若者、当時のhorigonさんじゃぁないでしょうねぇ?
ちなみにここだけの話ですがね、このおじさんは、ヒ○オーディオ代表の、日○野さんです。
by まめぞう (2006-02-03 00:41) 

michan

100ナイスおめでとうございます☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
朝から素敵なお話し聞きました。
今日はいいことありそうです。うふ。
by michan (2006-02-03 08:19) 

たいへー

こんな懐の広いおやじさん、
そしで、オープンリールと言う夢を叶えた「お客さん」に、
そして、アキュのアンプに、nice!
by たいへー (2006-02-03 08:52) 

Buji

映画になりそうな素敵な話です。頑張れば手の届く夢っていいですよね。オーディオでも車でも等身大の夢をもっている人はすごく幸福だと思うのです。
by Buji (2006-02-03 13:09) 

くみみん

こんにちは。男の人って一度はオーディオにはしりますよね!
っていうか、そういう関係の男の子しか周りにいなかったからかな?
みんなそうだと思うんですが。自分でスピーカー作ったりしませんか?
by くみみん (2006-02-03 16:13) 

うぃん

映画に出てきそうな、素敵なお話ですね^^
そのオーディオショップに行ってみたくなりました。
by うぃん (2006-02-03 16:54) 

まめぞう

>michanさん
ナイス、コメントありがとうございます。
実はおじさんと僕がコーヒー飲んでる写真もあるのですが、サボってるのがバレるので、掲載するの、やめました。(笑)

>たいへー殿
ナイス、コメントありがとうございます。
その後、テープレコーダーどうしたか、気になります。お金ない頃、欲しくてやっと手に入れたオーディオ、たいへーさん、今でも持ってます?僕のところは、跡形もないです。(涙)

>ふじのしんさん
ナイス、コメントありがとうございます。
いい言葉ですね、「等身大の夢」。
最近僕も身分相応が一番幸せだな、と思うようになって来ました。^^;

>kumiminさん
ナイス、コメントありがとうございます。
只今帰宅いたしました。実は今僕が使っているスピーカー、この話のおじさんと相談し、10年前に組み立てたものです。宝物です!

>うぃんさん
ナイス、コメントありがとうございます。
僕の生まれ育った下町、上野・千住・浅草は、こういった「三丁目の夕日」みたいな話の宝庫だったりします。今度また別のお話をさせていただきます!^^
by まめぞう (2006-02-03 21:08) 

いい話ですね。
“若者”のために、ちゃんとデッキを手入れし続けたおじさんも、すばらしいと思います。
その手入れにかかった費用は、請求できなかったでしょうが、おじさんの真心として、おじさんの胸の内を豊かにしたことでしょうね。
タバコの吸いすぎには注意してください。
by (2007-02-03 01:24) 

まめぞう

>>誠大さんへ
先日このお店に行きましたが、オヤジさんちゃんと生きてました。^^
ちょうどスピーカーのエッジの張替え作業中で、シンナーのニオイが・・・
「この最中は引火するからタバコ吸えねぇんだよ」
なぁんて言うもんだから、「いいから禁煙しろ!」と言ってやりました。
そういえば前回の記事は2トラ38だったなぁ・・・
時代は変わって、ただ同然で手に入るとは思いませんでした。(^。^)
いつもありがとうございます!
by まめぞう (2007-02-03 05:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0